長野県土木施工管理技士会は会員の技術力向上と公共の福祉に寄与する事業を行っています。

【講 習 会】
【現場技術研修会】

長野県土木施工管理技士会情報(新着情報・掲示板・会報)

新 着 情 報 ・・・・・・・・・・・ 技士会から新しいニュースをお知らせします。
会 員 掲 示 板 ・・・・・・・・・ 会員専用掲示板です。
長野県土木施工管理技士会報 ・・・・・ 長野県技士会では毎年度末に技士会報を発行しています。
第53号(令和3年度版)
第52号(令和2年度版)
第51号(令和元年度版)
全技連(全国土木施工管理技士会)情報

土木施工管理技士とは

土木施工管理技士とは、建設業法により国土交通大臣が認定する国家資格を有する技術者で、1級と2級があります。そして、河川、道路などの土木工事において、主任技術者または、監理技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理を行う技術者のことです。

  • 資格区分…………… 国家資格
  • 認定者……………… 国土交通大臣
  • 根拠となる法令等… 建設業法 第7条 同施行令 第27条の3
  • 資格制定…………… 1級 昭和44年 ・ 2級 昭和45年 ・ 技士補 令和3年
  • 資格取得延人数…… 1級 689,982 名 ・ 2級 1,317,443 名( 平成29年3月末 現在 )

長野土木施工管理技士会とは

目的

本会は、土木技術者の技術力や社会的地位の向上を目指し、長野県内の土木施工管理技士を中心に構成された団体で、会員相互の協力によって、土木施工管理技士の品位と社会的地位の向上を図るとともに、建設工事を適正に施工するために必要な専門知識及びその能力の習得に努め、もって会員の利益と公共の福祉に寄与する事を目的としています。

  • 会員数……………… 1級 2,656名 ・ 2級 713 名 合計 3,369名 (令和4年2月末 )

長野県土木施工管理技士会会則

事業内容

①会員の技術の向上改善に関する業務

②会員の社会的地位の向上に関する業務

③土木施工管理技士制度の普及及び宣伝にj関する業務

④土木施工技術に関する研究及び研修、講習の実施

⑤土木施工管理技術に関する情報の収集と提供並びに会誌その他刊行物の印刷・配布

⑥会員相互の親睦及び関係団体との連絡強調

⑦その他本会の目的を達成するために必要な業務

役員名簿

長野県土木施工管理技士会に入会(退会)するには

長野県土木施工管理技士会に入会する時は、所管の技士会の各支部に申込みをします

■入会条件:(会則第5条)本会の会員は、本会の目的に賛同し、長野県内に住所または勤務場所を有する土木施工管理技士とする。

■入会・退会・変更の届出様式は以下からダウンロードして下さい。

個人用(ダウンロード)

連記用(ダウンロード)

関連団体